『ちんちくりん』のとっちらけ。。。

どうも!たけ千代です!!
もうすぐGWも終わりです。楽しい時間はあっという間ですね。。。
GWが終わるといよいよテナガエビが釣れだし、そのあとにハゼのシーズンがやってきます。
さて、今回は江戸川のテナガエビ調査に行ってきました。
(残念ながら、写真を取り忘れたので画像なしです。。。)

しばらく仕事で忙しくなるたけ千代。
仕事とプライベートで忙しい我が師『バッキーさん』
渡したい物もあったので、GWちんちくりんとなりました。
場所は江戸川河口付近でテナガエビが釣れるのかどうかの調査とダメなら諦めてマテガイやホンビノスでも獲ろうかって寸法。
まぁのんびり釣りなので遅めの8時にポイント付近で待ち合わせることに。

前日のヘラブナ釣りと日焼けで疲れ果てていたたけ千代。
小学生の次女『お豆』よりも先にというより20時に寝てしまった。。。
そんな早くに寝てしまったもんだから、1時前に目が覚めてしまいまったく眠れず。
仕方がないので来月行われる試験の勉強をしました。

早く目が覚めたもんだから、出発も少し早め。
いつもは高速を使って行くんだけど、以前バッキー氏が「釣りの時は高速を使わないんだ。」と言ってたのを思い出し下道で待ち合わせ場所に向かうことにしました。
それでも待ち合わせ時間にはちょっと早過ぎるので近くの「す〇屋」にて朝ごはん。
まぁ早いけど、下見がてら竿を出して待ってりゃいいか。とポイントに向かっているとLINEが。
「やろうと思っていたポイントは潮が満ちてると9尺でもそこに届かない」とバッキー氏からでした。
もうポイントに着いてるんかい!!!

遅れてポイントに着いたたけ千代。
割と人が多く、バッキー氏が見つからない。。。
電話を鳴らして動いた人がバッキーさんだ!動いたら切ってしまえ(笑)
あれ~?あれ~??誰も動かない。。。
あ!動いた!!ぶちっ・・・

軽くあいさつをして、忘れないうちに渡したい物を説明しながら渡してポイントの確認。
確かに深い。
そして、形状的に非常に釣り辛く、エビも目視では確認できない。
参ったねこりゃ(><;)
たまたま持ってきていたバスロッドで探るも全く反応がなく早々に見切りをつけて、ハゼでも様子を見ようってことに。
こちらもたけ千代がダボハゼ2匹釣ったところで見切り。
大きく移動することに。

最初のポイントから30分ほど上流に移動してテナガの様子を見てみる。
ウェイクボードが邪魔くさい!
おまけに風も強く浮子でアタリが取れない。
てか、アタリがない!!!!
こりゃまずいね。。。
時期は早いにしてもポイントとしては1級ポイント。
数が出る時期ではないにしても、アタリくらいあってもおかしくないのに(;;)

小一時間ほど竿を出したところで、マサラタウンにサヨナラバイバイ。
再び移動です。
次でダメなら、おしまいだぁぁぁぁ。。。
ここにもいるウェイクボード\(*`∧´)/ ムッキー!!
ウェイクボードやらないからよく分かんないんだけど、どこの河川でも釣りのポイントになってるところに居るよね?
釣りのポイントとして有名になったのが昔からと考えるとウェイクボードに引き波によって水が攪拌られて…ってことはなさそう。
では、なぜ釣り人のいる場所を選んでウェイクボードをやるのか?
河川のルールとしてそこでしかできないのかな?

まぁ、そんなことで引き波確変大連荘でありますよ。。。
しかも風はさっきより強く、爆風です。
試してダメなら早上がりってことで竿を出すとバッキー氏から「よっしゃ!」の声。
この時期にしては十分すぎるサイズのテナガゲット!!!
これで少しはヤル気が出てきた。
すぐにたけ千代も1匹目ゲット!

しかし、ここからが苦行の時間。。。
なにせ引き波が頻繁に来て、水中の餌や仕掛けをもみくちゃにしてくれる。
水底の砂を巻き上げる。
それに加えて強風が道糸を竿をあおる。
浮子でアタリが取れないもんだから、そっと聞き合せると強風に竿が煽られてバラしてばかり。
数少ないアタリなのに。。。

そのうち風の弱まったタイミングで聞き合せることを覚え、食いが浅いのでエビの反応が確認できたら一気に合わせて針を掛け。
風は弱まるどころか強まる一方。断続的ではなく常に強風吹き荒れる天候に。
それでも時間が経つにつれ?経験値が上がったから??エビの反応は確認できるようになっていました。
とにかく長竿が煽られることへのイライラとそれを抑えることによる疲労がピークになったので、最終手段に。
短竿を持って来ていないたけ千代は竿先3本を抜いて、テトラの上に乗ることを決断。
水が引いたタイミングでしか危なくてできないんだけどね。
(安全のため、水深等は問わず水辺ではライフジャケットを着用しましょう!)

これが吉と出て、爆釣には程遠いけど釣るスピードが上がり、イライラと疲労も軽減されました。
それを見ていたバッキー氏。「そっちの方が釣れる?」
「まぁ、足場に気を付けなきゃいけないけどピンポイントで仕掛けを落とせるし、何よりイライラと疲労は少ないよ(笑)」
てことで二人で単竿に変更。
拾いながら釣り続け16時過ぎにアタリも少なくなったし、足元も危なくなってきたので終了としました。

結果、バッキー氏9匹 たけ千代8匹でした。
時期的にまだ早いとはいえ江戸川のテナガエビはサイズがよく、天候条件が良ければもう少し釣れたのではないかと思います。
この日は風が強かったので、アタリが分からず餌を取られることが多かったのではないかと考えます。
また、長竿で釣るポイントだったのですが竿の長さが仇となりました。
本文でも書きましたが強風に竿が煽られてエビが外れることは多かったように思います。
釣行が土曜日だったこともあり、ウェイクボードが頻繁に行き来するのも敗因だと思います。
引き波に仕掛けがもまれてうまくポイントに入らなかったり、ハリスが絡んだり、砂が巻き上げられたりと良いことはないです。
食い込みも浅く感じました。
中には明確なアタリもありましたが食いが浅く釣れた後に落ちたり、20カウントしてもしっかり食い込んでいないこともありました。

何にせよシーズンはこれから。
サイズはいいので条件さえ合えば、今シーズンは良型爆釣なんてのも期待できるかも知れません(^-^)


[PR]
by takechiyo0617 | 2018-05-06 09:23 | テナガエビ釣り | Comments(0)

釣りのことや日常を何となくメモする程度に綴るラフな日記です。


by たけ千代
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30