デビュー戦

どうも!たけ千代です!!
電車で釣りに出かけるとき外がまだ薄暗く、夜でも聞こえてた蝉の声もいつの間にか秋の虫の声。
もう、秋なんですねぇ。

そんな秋の始まりのある日、月例『ちんちくりん』に行ってまいりました。
場所は久々の江戸川放水路「マルヤ」さん。
かねてからママさんに「ボートもやってみたら?」なんて誘われてた桟橋釣り師の2人。
「満を辞して乗っちゃう?」てなことでボートデビューとなりました。

6時過ぎ。マルヤさんの前でちょうど到着したバッキー師と鉢合わせ。
覚悟を決めてママさんに「ボート二人乗りで!」
「いよいよボートデビューですね(笑)」
まさか2人がボートに乗ると思ってなかったようで、パパさんも驚いたようでした(^^;)

桟橋ならともかくボートとなるとポイントすらわからない2人。
ひとまず葦際を攻めるも生体反応すら貰えず移動。。。
桟橋から見てて「確かここには牡蠣殻が沈んでたな」という浅場へ。
ここはアタリがあるも小さいようで、この日の針では厳しい(>人<;)
転々と移動するもアタリ乏しく苦戦する2人。

釣果を見ると桟橋の倍以上だから、もう少し簡単だと思ったのになぁ。。。
移動すること数カ所。
下流の方に何本もの杭が見え、目を凝らすと沈船の一部がほんの少し水面から顔を出してるような。
「あそこまで足伸ばして、ダメなら昼休憩がてら作戦会議しよう。」
少しだけ大きく移動してみると、見えてたのはやはり沈船の一部。
風と流れを考えてアンカを沈めて釣り再開。

ここは今までの場所とは違いアタリが頻発♪
やっとハゼの付き場を引き当てたと喜びもつかの間。
初めは良型が釣れていたのに次第に型が小さくなり、アタリが止まるという事態に(;▽;)
時計を見ると潮止まりタイムなので、昼休憩。

e0346623_08243936.jpg

『桟橋名人たけ千代さん。ボートデビューも大苦戦』とツイートされちゃうね(笑)なんて話ながら帰港。
「どうでした?」とママさん。
「桟橋と違ってエリアが広いし、ポイントがわからないから苦戦してます(^^;)」
この日、名人が来てればついて行くんだけど、名人は知らないうちに来てて午前中だけ釣って帰られたそうな。
しかも、午前中だけで1300g超えとか。。。

コンビニの冷やし中華を啜りながら、バッキー師と作戦会議。
ぼちぼちポイントを見つけないと目も当てられない(>人<;)
正直、簡単に釣れると思って『小さいのは逃がそう』なんて甘い考えだったのに足切りなんかしてる場合じゃない様相です。。。
ここは一発、あそこに入って平行に底を確かめながら試そう。
それでダメなら、ゴメンなさいだ!

最後と決めた場所。
たけ千代が漕ぎ、バッキー師がオモリで底を小突きポイントを絞ります。
ココだ!という場所を見つけて、風と流れを計算しつつアンカを入れます。
その間にバッキー師はハゼゲット!
型はすこぶるよく、アンカ入れてる間に3匹。
『たけさん!ここ、入れパクだよ!!』

どうやら、やっと本当の当たりを引いたよう。
今までとは打って変わって良型が入れパク。
足切りは感覚で『小さいの』(笑)
アタリが減ったら数メートル横移動で、少し深い場所を探ればまた入れ食い。
数メートルを行ったり来たりで15時半に納竿。

受付でデビュー記念の計量をば(^-^)
たけ千代 1078g
バッキー師 1062g
デビュー戦としては上出来かな?
朝からポイントを絞れてれば倍くらい行っただろうけど、仕方がないですね。
この日の桟橋は渋いようで100が最高。
ボートはほとんどの人がキロ超えでした。

ママさんからも「苦戦と言いながらもこれだけ釣るんだから、さすがお二人。デビュー戦でキロ超えるのは凄いです。」とありがたいお言葉を頂戴いたしました(^-^)
ひとまず、一つポイントは見つけたし、悔しいから今シーズンにもう一回乗りたいね。
バッキーのリベンジを誓いました(^-^)


[PR]
by takechiyo0617 | 2017-08-28 07:20 | ハゼ釣り | Comments(0)

釣りのことや日常を何となくメモする程度に綴るラフな日記です。


by たけ千代
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30