渋ちんです。。。

どうも、たけ千代です!
月末が忙しくて身体中が痛かったので低周波治療器貼りまくったら、揉み返しで身体中が痛くなったとです。。。T^T

さて、昨日はなんとなく休みを取ったのでどこにいこうか3日ほど悩んでおりました。
結局、前日まで決まらないまま会社帰りに日本橋のキャ○ティングでアカムシだけはしっかり確保(笑)
朝、起きてから決めりゃいいか。

この日は盟友「バッキー氏」も休み。
『江戸川を釣り歩いてみる〜』と言っていたので、こちらは新左近川の様子を見て情報交換したら効率的かなと目論んで車を走らせることにしました。
現地に到着した頃には、太陽は顔を出してました。

e0346623_07562494.jpeg

が、ウォーキングの人々しか居ません。
有名ポイントでシーズン中の土曜の朝に釣り人が居ない不安ったらないです。。。
川を覗くとテナガエビの姿はなく、ミジンコのような靄が漂ってます。
仕掛けを組みながらバケツで靄を掬ってみると正体は生まれたての稚エビでした。
その稚エビをチビシーバスが捕食する音が朝の公園に響き渡ってました。

取り敢えず「調査釣行だし。。。」と自分に言い聞かせて釣り歩きます。
いや、歩きます?
ウォーキング以外の何物でもねぇ!!
どこに仕掛けを落としても、場所を変えてもノーピクT^T
1時間ほど頑張った頃にバッキー氏からのLINEを受信。
江戸川もまだノーピクとの事だが『新左近よりはマシだろう』と江戸川に移動することにしました。
ポイントは行き当たりバッタリでf^_^;)

江戸川到着は6時と釣りには少し遅いかな?
最初のポイントは車がいっぱいで停められず断念。
国府台テトラ帯でも試そうかと川の様子を眺めながら車を走らせているとバッキー氏の車発見(笑)
「やっとアタリが出始めたよ〜」と釣れたばかりで針に付いたままのエビをこちらに掲げてます(^-^)
挨拶もそこそこに隣に入れてもらって再スタート。

e0346623_08133726.jpeg

風とボートの引き波と戦いながらの釣りです。
ここは川がカーブしていて流れが岸にぶつかり弱まる場所でゴロタも適度に入っていてエビが隠れる場所もそこそこ。
なのに、なのに!
ただ気になるのは、やはり人が少ないこと。
浮子に反応がないなぁと聞き合わせると「びんびんびん!」エビ特有の引きで上がってきたのは15cmほどのテナガエビ(^-^)
次も浮子に反応はなく、聞合せでゲット。
ならばと浮子をタナゴウキに変えて試すもやはり浮子に反応が出ない(汗)
ほぼ居食いに近い状態の様子です。
牛歩戦術の様なゆっくりした釣果なので、はるか遠くに見えるテトラと思しき物に歩いて行ってみようと移動を決断。
ここまでのアベレージは15cmくらいでした。

e0346623_08115826.jpeg

バッキー氏と釣り談義に花を咲かせながら歩くこと10分ほど。
歩いてみたら意外と近かったりして(笑)
ここは『テナガエビ釣りのメッカ』と言われる江戸川のテトラ帯。
ここもやはり人は殆ど居ないf^_^;)
強風の予報が影響してるのかなぁ。。。
移動して数分。バッキー氏が立て続けにポンポンと釣り上げ
「たけさん、さすがメッカだよ。凄いアタリが多発する!」
それが呪いの言葉だったのか、これを機にアタリがパッタリ止まってしまったT^T
まだ、ここで1匹も釣ってないのに。。。

e0346623_08300975.jpeg

それでもさすがメッカ。
牛歩とは言え今までよりはハイペースでポツポツ。
潮も上げ始めてこれから好転するだろうと大きく期待。
テトラを渡り歩いたり、見えるエビを狙ったりと2人で広い歩きます。
20cmオーバーのブルーギルやブーチチ(チチブ)の攻撃を受けながら強風に耐えて頑張る2人。
気がつくとボートも姿を消し、立っているのが辛いくらいの突風に。
結局、好転することなく2時半にたけ千代納竿。
最終釣果は18匹でしたT^T
バッキー氏はポイントを変えてもう少し粘るとの事なので、再会を約束して別れました。

その夜、バッキー氏に連絡してみると「移動したけど風で釣りにならないから辞めて帰ったよ。。。」とのことでした

e0346623_08305798.jpeg

そして翌日。
昼休みに「悔しいから、また来ちゃった(笑)」とバッキー氏。
ホント好きだね〜(笑)
たけ千代も火曜日に多摩川でリベンジを図ります!
お互い、ホント好きだね〜(爆」

[PR]
by takechiyo0617 | 2016-06-05 07:42 | テナガエビ釣り | Comments(0)

釣りのことや日常を何となくメモする程度に綴るラフな日記です。


by たけ千代
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31